代表プロフィール

CEO/Founder 
伊藤義治(Yoshiharu Ito)

■1971年(昭和46年)2月12日、東京都新宿区生まれ。
■ 私立海城高校卒・早稲田大学理工学部建築学科卒
■2007年、給与仮払いサービスを主業とする、株式会社パルマSVC社の取締役に就任。給与仮払い事業について、ゼロから150社超の契約先を持つまでの過程をシステム・営業の両部門の責任者として牽引。2017年、同社を株式会社マイナビに売却。
■他経歴:  1997年、大学卒業後 第19回パリダカールラリー にエントリーし完走を果たす。 
■座右の銘: 我ただ足るを知る
■事業にかける思い:これまでも様々なシステム開発に携わってきたが、このコロナ禍に人々が苦しむ姿を見て、これまでよりも強く社会の役に立つものを作りたいと考えるようになる。便利なものは沢山あるが、自身が子供二人の親となり、人々の幸せを守る物を作りたいと考えているところに、これだけ生活の中に体温管理や体温共有があふれるようになったが、それらを記録し、なおかつその記録から健康を守れるアプリを作ろうと決心し、体温ダイアリーを発案。

代表挨拶

私たちVital Passportは、コンディショニングテックという新しい市場を開拓しています。
体温データ管理・共有アプリ「体温ダイアリー」を皮切りに、メンタルヘルスを中心としたコンディションの研究開発に取り組み、一人ひとりが、ベスト・パフォーム出来る心身の状態を知り、維持するための仕組みを提供してまいります。

企業理念


社会の礎となる企業として存在し続けることこそが我々の使命である。

また、今社会に必要とされるものを提供すること、そして、それをし続けられるようなビジネスに昇華させること、その全てをやり続けるために、社会のために人事を尽くすことを企業理念として取り組んでまいります。

企業概要


社名バイタルパスポート株式会社
設立2020年7月14日
資本金  15,570,000円
事業内容 健康事業、ヘルスケアテック、コンディション研究、体温ダイアリーの開発・提供
代表取締役伊藤 義治
所在地〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町1番地
シルクセンタービル10階

TOP